【危険物質を摘出】フタル酸エステル分析を利用するメリットとは

ガスクロによる測定

測定の必要性

葉っぱ

フタル酸エステル類は、試料を粉砕し秤量など行った後、ガスクロマトグラフ質量分析計を用いて測定する方法が常用される。
このフタル酸エステル分析で測定が必要となるのはフタル酸ブチルベンジル等で、RoHS指令で2019年から規制が予定されている。
RoHS指令とは電気電子機器の特定有害物質使用を制限するもので、フタル酸エステル分析はこの指令に従ってフタル酸エステルが含有されていないことを証明するために必要となる。
フタル酸エステル分析は、フタル酸エステルが内分泌かく乱作用が懸念されて玩具等への規制が進んでいることもあり、分析方法がおおむね確立されている。
測定の前処理方法がいくつかあるが、多くの分析機関に測定を依頼することができる。
試料を粉砕した後、溶媒で抽出する方法やテトラヒドロフランなどの溶媒に溶解する方法が挙げられる。
また、簡便な方法として熱分解ガスクロマトグラフを用いる測定方法を採用することもできる。
種々方法があるが、分析精度や費用を考慮してフタル酸エステル分析を依頼すればよい。
また、フタル酸エステル分析はガスクロマトグラフ質量分析計を用いて測定することが可能であるので、この機器を所有する企業であれば自社での測定も可能である。
分析の手順、前処理での回収率など、測定に必要な情報はインターネット上でも収集可能であるし、文献を参照すればおおよそ入手することができる。
近い将来、この分析は重要度を増すことになるので、今のうちから分析に向けた準備をしておきたい。

重要度を増している試験

女性

アルコールと無水フタル酸から作られるフタル酸エステルは、プラスチック製を柔軟にして加工をしやすくするために用いられている物質です。
中でも、特に建材の床材や天井材、壁紙などに使用されることが多いです。
また、電源コードの被覆材やホース、農業用のフィルムなどにも用いられています。
しかし、フタル酸エステルには、動物実験において発ガン性が認められており、ホルモンの働きを阻害し、ホルモン作用を発生させる内分泌かく乱物質であるとの研究結果が報告されている物質です。
このため、日本を始め世界各国ではフタル酸エステルの使用に対して規制を設けて対応しています。
フタル酸エステルの生成に使用するアルコールによっても、フタル酸エステルの種類が異なります。
その中でも、DEHP、DBP、BBPは6歳未満のおもちゃには使用禁止です。
これ以外にも口にすることを使用目的とするおもちゃには仕様が禁止されているものもあります。
また、ヨーロッパではさらに厳しいフタル酸エステルに対する規制が設けられています。
このような規制が進む流れの中、重要度を増し製品の検査のために行われているのがフタル酸エステル分析です。
この分析では、自社の製品の中にどの程度のフタル酸エステルが含まれているのか調べられます。
フタル酸エステル分析は、測定をしたい製品を粉砕してフタル酸エステルを抽出を容易にして、溶液を加えて溶解させ成分を取り出し測定をします。
フタル酸エステル分析を受けることで、自社製品の安全性を確認するのは非常にメリットの大きいことです。
これから先、日本でも規制が厳しくなることが予想され、フタル酸エステル分析を受けることで規制に対する対策が取れるようになります。
規制の及ばないフタル酸エステルに変更することも、含有量を減らすこともできるでしょう。
また、自社の製品の安全性の高めることで消費者からの信頼感を得られるでしょう。

有害物質検出の難しさ

実験

世界的に有害化学物質の規制が強まっています。
代表的な可塑剤であるフタル酸エステルについても規制が進みそうです。
フタル酸エステルはプラスチック製品を柔らかくするための可塑剤として広く使用されています。
丈夫で低コストであるのが魅力です。
子供用おもちゃ、医療用製品、電気絶縁テープ、農業用や食品の包装フィルムなど、一般向けから法人向けまで幅広く使われています。
しかしこのフタル酸エステルが、体内のホルモンに影響を与える内分泌かく乱化学物質ではないかとされています。
特に子供の健康への影響が心配されています。
そこで欧米や日本では使用規制が厳しくなってきましたし、これからもさらに厳しくなると言われています。
欧米だけでなく、近年のグローバル化に伴い、途上国でも欧米並みの厳しい規制が導入されることが多くなっており、日本の多くの会社にとって重要な問題となっています。
しかしここで問題になるのが、フタル酸エステル分析は難しい技術であり、それぞれの会社で検出するのが困難であるということです。
今までの有害化学物質は比較的容易な検査で検出することができました。
しかしフタル酸エステル分析の場合は、特徴的な元素が存在せず、通常のスクリーニング試験ができないのが問題です。
そこでフタル酸エステル分析を行う際には、専門の機材が揃った分析業者に依頼します。
近年ではインターネット上でフタル酸エステル分析を依頼できる業者を探すことができます。
欧米や日本の法規制にも精通した専門機関を探すことができます。